催し情報

イベント・展示会 年間カレンダー 企画展 植物教室
 

イベント・展示会

オオオニバスにのろう!開催中 オオオニバスにのろう!

子供向けイベント

日時 8月27日(土)・28日(日)
午前の部/9:30~11:00 午後の部/13:30~15:00 
場所 南園 温室
対象 体重15kg以下のお子さま
※植物の生育状況により体重制限が変更となる場合があります。
※葉にのるお子さまは軽装でお越しください。
参加方法 参加無料・予約不要(会場に直接お越しください)
主催 高知県立牧野植物園
企画・運営 公益財団法人高知県牧野記念財団
内容

世界最大級!
大きな葉のオオオニバスにのってみよう
オオオニバスは、生長すると葉の直径が1mを超え、大きいものになると直径2mにもなる世界最大級の水生植物です。この夏はオオオニバスにのって、大きな葉の浮力を体験してみませんか?ご家族の夏の思い出づくりにどうぞ。

葉の裏側はどうなっているのかな?
会期中はオオオニバスをはじめ、夜咲く花が人気のパラグアイオニバスを展示します。 これら大型の水生植物の浮葉がどうして水に浮くのか、その仕組みを紹介します。 また、水の中で葉が浮いている様子を間近に観察できる「パラグアイオニバスの窓」にもご注目ください!水槽の下の観察スペースから天窓を見上げると、葉の裏側がご覧いただけます。

開催中~9月4日(日)まで

昆虫★植物展

その他 ※台風などの荒天時の開催の可否などについては当園のホームページまたはお電話でお問い合わせください。
facebook オオオニバスにのって撮った写真は 牧野植物園のfacebookに投稿して、夏の思い出をみんなでシェアしよう!
facebook
オオオニバスにのろう!
年間カレンダーに戻る
ページのトップへ
予告 五台山 観月会

 

日時 9月17日(土)~19日(月・祝) 17:00~21:00
17時以降は南門(温室側)よりご入園ください。正門(本館側)を閉鎖します。
場所 牧野植物園 南園、竹林寺
主催 高知県立牧野植物園
企画・運営 公益財団法人高知県牧野記念財団
協力 五台山 竹林寺
無料
臨時
駐車場

高須浄化センター(県立美術館北)
[営業時間]17:00~22:00

植物園駐車場の混雑が予想されますので、臨時駐車場の利用にご協力ください。臨時駐車場からは当園行きの無料シャトルバスが約30分ごとに運行します。

内容

 名月とともに秋の草花を愛でる夕べ

かつて竹林寺の境内だった牧野植物園の南園で、中秋の名月を眺めながら秋の草花を愛でる観月会。
秋の七草やいにしえより日本人に愛されてきた草花に、万葉集の歌を添えて展示します。

 音楽演奏

心地よい音楽に耳を傾ける月夜のひととき。
[時間] 各日 18:00~、19:00~、20:00~
[場所] 南園 50周年記念庭園 特設ステージ
※雨天時は演奏場所が変更となる場合があります。
※参加料、申込不要(入園料必要)
17日(土) クラリネット&ピアノ 中ヒデヒト、壺阪健登

18日(日)
クラシックギター いちむじん

19日(月・祝) 二胡の二重奏 趙景明、松居孝行

 秋の観月夜話

竹林寺 海老塚 和秀住職による、五台山の歴史や月にまつわるお話。
[時間] 各日 17:50~
[場所] 南園 50周年記念庭園 特設ステージ
※参加料、申込不要(入園料必要)

 飲食のご案内

南園のガーデンショップnonocaでは本格月見団子を販売します。また、近隣の竹崎食堂や喜楽楽(きらら)も営業します。

 竹林寺ライトアップ・夜間拝観

竹林寺 五重塔
[時間]各日 17:00~21:00

五重塔、境内ライトアップ
ご自由にご覧いただけます。
名勝庭園夜間拝観
[拝観料(抹茶付き)]大人600円、中学生以下400円
その他 雨天決行。荒天の場合は中止。(中止の場合は、当ホームページにてお知らせします。)
五台山 観月会
五台山 観月会

無料臨時駐車場
無料臨時駐車場/高須浄化センター(県立美術館北)
年間カレンダーに戻る
ページのトップへ
 
予告 【参加者募集】 「土佐和紙 ちぎり絵」ワークショップ@高知 

子供向けイベント

共催 一般社団法人 心游舎、高知県立牧野植物園
日時 9月25日(日) 12:30~16:45(予定)
場所 本館 映像ホール
講師

山中章弘氏

定員 35名(参加対象:小学生の男女)
※応募者多数の場合は心游舎サポーター優先(当日入会可)とさせていただき、それでも定員を上回る場合は抽選と致します。
※大人のみでの参加は受け付けておりません。
参加費 1人2,500円(材料代含む)
※付き添いの保護者の見学可。別途入園料必要。
内容

高知県立牧野植物園にて、土佐和紙を使った「ちぎり絵ワークショップ」を行います。
ワークショップテーマは「花」。牧野植物園で植物の観察をおこない、見頃の植物をモチーフにした「ちぎり絵灯籠」をつくります。
ちぎり絵に使う和紙は、世界一薄く、美術品修復などにも使用される「典具帖紙(てんぐじょうし)」。人間国宝の技を受け継ぐ「浜田兄弟和紙製作所」による手漉きの典具帖紙を使います。

完成した灯籠は、四国八十八ヶ所霊場31番札所である「竹林寺」に奉納。その後、お持ち帰りいただけます。
申込方法

workshop@shinyusha.jpまで、次の必要事項をお送り下さい。

・参加者全員の氏名(引率者含む)
・参加者全員の生年月日と年齢(引率者含む)
・参加者全員の住所(引率者含む。全員の住所が同じ場合は、その旨を明記の上、省略可)
・ワークショップ当日の連絡先(代表者のみ。当日に必ず連絡の取れるもの
・連絡先メールアドレス(代表者のみ。集合時間や場所をご連絡します。お電話でのご案内は致しません。

※件名に「ちぎり絵ワークショップ参加申し込み」とお書き添えください。
※心游舎サポーターの方、当日入会を希望される方は、その旨をお書き添えください。(心游舎サポーター:http://shinyusha.jp/

申込締切 9月16日(金)
その他

※開催日時、定員数は予定です。
※スケジュール等、その他の詳細は追ってご連絡致します。

問合先 心游舎contact@shinyusha.jp
彬子女王
彬子女王

心游舎

「日本の伝統文化が生き続けることができる土壌を形成したい」、そしてその核となる子どもたちに「本物の日本文化にふれる機会を提供したい」。そんな彬子女王殿下の思いに共鳴した有志一同で設立した団体。

次世代に伝えたい日本の技の体験、歌舞伎や能などの伝統芸能の公演など、子どもたちが活動を通して、自発的恒久的に 日本文化にふれることができる機会を提供します。

http://shinyusha.jp/

典具帖紙 世界一薄い「典具帖紙」 和紙
ちぎり絵 ちぎり絵
  ちぎり絵ワークショップ
PDFPDF(189KB)