お知らせ2020年12月12日

高知県立牧野植物園の再整備工事について

新しい研究棟イメージ

新しい研究棟イメージ

南園の研究施設(資源植物研究センター)を建て替えて新しい研究棟を建築する工事を以下の通り実施いたします。工事中はご迷惑をおかけしますが、ご協力をよろしくお願いいたします。
工事中も、フラワーイベントをはじめ四季折々の花を楽しんでいただけるよう開園を続けますので、是非ご来園ください。

工事スケジュール(予定)


1.敷地造成・樹木移植工事
  令和2年12月14日(月)~令和3年3月頃
   ○最初に、樹木への印付けなど準備作業を行います。
   ○12月14日から、植物の移植、伐採作業を開始し、令和3年2月15日頃まで、併せて石材等の積込作業も行います。
    西側道路からのクレーンによる吊上げなど、断続的に作業車による機械音が発生します。
   ○令和3年2月には、南園内の旧ガーデンショップ、日本伝統園芸植物鑑賞棚等の解体作業も予定しています。
2.資源植物研究センターの解体工事
  令和3年4月頃~令和3年11月頃
3.新研究棟建築工事
  令和3年秋頃~令和4年冬ごろ完成予定(新研究棟オープン)
4.南園復旧・再整備工事
  令和4年夏頃~令和6年3月頃(整備完了)

新しい研究棟の建築概要


1.建築規模 3階建て、約1,600㎡
2.整備内容 1階、2階は研究室、実験室等を配置し、実験室の一部を見学いただける通路、キッズラボ、研究内容の展示スペースの設置など、開かれた研究施設とします。3階には南園が眺望できるレストラン、ショップを併設します。

主な工事エリア


南園 寒蘭センター西隣「資源植物研究センター」から日本伝統園芸植物観賞棚の周辺

工事に伴い、ご観覧いただけないエリアが発生します。一部の園路の通行ができない期間が発生する場合は、あらためてお知らせをさせていただきます。
安全には万全を期して工事を進めてまいりますので、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

詳しくは、高知県 林業振興・環境部 自然共生課のホームページをご参照ください。






 一覧へ戻る