概要・ご挨拶

概要

人と自然の関係を大切にした安らぎと憩いの空間

高知が生んだ「日本の植物分類学の父」牧野富太郎博士の業績を顕彰するため、博士逝去の翌年、1958(昭和33)年4月に高知市の五台山に開園。起伏を活かした約8haの園地には、博士ゆかりの野生植物など約3,000種類が四季を彩り、自然の中で植物に出会う喜びを感じていただけます。五台山という恵まれた自然環境に調和させながら、自然生態系が築かれた四国唯一の植物園として憩いの場として親しまれています。 1999(平成11)年には、園地面積を拡張し、植物に関する教育普及と研究の拠点となる「牧野富太郎記念館」を新設。研究活動では、高知県の野生植物の調査、収集、保全に取り組むほか、海外ではミャンマーを中心に植物多様性の解明、資源植物の探査を行っています。さらに2004年に開設した資源植物センターでは、薬用資源植物の開発を主題とした応用研究が進めています。 2008(平成20)年には、南園に東洋の園芸植物を観賞いただける「50周年記念庭園」が誕生、2010(平成22)年には温室がリニューアルしました。さらに、2019(平成31)年には、北園に2つの新園地「こんこん山広場」と「ふむふむ広場」を拡張整備しオープン。展示館内には、4K映像とVR(バーチャルリアリティ)シアターを新設。開園60年を迎え充実した園地とともに、植物園の役割である保存・研究・教育普及・憩いの場のすべてを備えた総合植物園として歩み続けています。

ご挨拶

高知県立牧野植物園は、高知県出身でわが国の近代植物分類学の確立に大きな役割を果した牧野富太郎博士を顕彰することを大きな目的として1958年に開設されました。当初は小規模な園地に高知県の自生植物を植栽・展示する公立植物園でしたが、1999年から2000年にかけて実施されたリニューアルを契機として、今日では植物研究、植物知識の普及、植物展示を通じた憩いの場の提供という3つのミッションを推進する総合型植物園としてまいりました。 研究活動としては、植物多様性の解析に加えて、未利用資源植物の探索、和漢薬用植物の高知県下での栽培生産、高知県内の希少植物の保全など、 教育普及活動としては、牧野富太郎記念館では牧野博士の生涯と業績や植物学の基礎知識をわかりやすく学んでいただくための常設展示に加えて、種々のテーマについての企画展示を行っているほか、様々な植物教室を開催するなど、植物とその利用に関しての学習の場としての活動にも力を入れております。 正門に入っていただいてすぐの「土佐の植物生態園」、南園の50周年記念庭園や温室、北園の薬用植物区などで 四季折々の植物を楽しんでいただけるよう、園地を整備しております。またフラワーイベントの開催なども通じて、観賞と憩いのゾーンの充実に努めております。 創立60周年を迎えた牧野植物園の魅力をさらに磨き上げるための「基本整備構想」を2017年秋に高知県が決定し、2019年春からは芝生広場や学習植物園などの新しい園地、最新の4K+VR映像を用いて植物の世界が楽しく学べる映像シアターなどが次々にオープンします。
植物に関する研究と学びの場、植物とともに過ごす憩いの場として牧野植物園のますますの発展のために努めてまいりますので、 皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。

公益財団法人高知県牧野記念財団 理事長
高知県立牧野植物園 園長
薬学博士 水上 元