牧野富太郎

 
年譜

年譜

プロフィール

  植物学者 牧野富太郎 博士 Dr. Tomitaro Makino(1862-1957)
 牧野富太郎博士は、1862(文久2)年4月24日、現在の高知県高岡郡佐川町に生まれました。土佐の豊かな自然に育まれ、幼少から植物に興味を持ち、独学で植物学の研究を続けました。22歳で上京し、黎明期の東京大学理学部植物学教室で植物分類学の研究に打ち込む機会を与えられました。1887年に友人と「植物学雑誌」を創刊、同誌上に共著で記載したヤマトグサは日本国内での最初の新種発表となります。94年の生涯において収集した標本は約40万枚。新種や新品種など1,500種類以上の植物を命名し、日本植物分類学の基礎を築いた一人として知られています。東大講師辞任後1940年には、現在でも研究者や愛好家の必携の書である『牧野日本植物図鑑』を刊行。地域の要望に応じて全国を巡り、土佐人らしい陽気で気さくな語りで人々を魅了、植物を知ることの大切さを一般に広く伝え、数多くの啓蒙書も残しました。1953年に東京都名誉都民。没後、文化勲章受章。

年譜

文久2(1862)
4月24日誕生
土佐国高岡郡佐川村(現在の高知県高岡郡佐川町)に一人息子として生まれる。
父佐平、母久壽、幼名成太郎。生家岸屋は酒造と雑貨を営む裕福な商家だった。
慶応元(1865)
3歳
父、佐平病死。
慶応3(1867)
5歳
母、久寿病死。
慶応4(1868)
6歳
祖父、小左衛門病死。この頃富太郎と改名。祖母浪子に育てられる。
明治5(1872)
10歳
土居謙護の寺子屋で習字を学ぶ。
明治6(1873)
11歳
伊藤徳裕(蘭林)の塾で漢学を学び名教館で西洋の諸学科を学ぶ。英語学校の生徒となる。
後の妻、小澤壽衛生まれる。
明治7(1874)
12歳
佐川小学校に入学。
明治9(1876)
14歳
佐川小学校入学後は、2年で小学校の授業に飽きて自主退学。文部省掛図「博物図」だけには興味を覚える。退学後、植物採集などして過ごす。この頃「重訂本草綱目啓蒙」や「救荒本草」で植物の名前を憶える。
明治10(1877)
15歳
請われて佐川小学校授業生(臨時教員)となる。昆虫にも興味を持ち、採集する。
明治11(1878)
16歳
親友の父(堀見久庵)から「植学啓原」を借り写本する。
明治12(1879)
17歳
臨時教員を辞めた後、高知市に出て、弘田正郎の五松学舎に入塾する。
コレラが流行り佐川に帰る。
明治13(1880)
18歳
石鎚山登山。植物の写生図を描き、観察記録をつくる。
高知中学校教員永沼小一郎を知り、欧米の植物学の影響を受ける。
明治14(1881)
19歳
第2回内国勧業博覧会見物と、顕微鏡や書籍の購入のため初めて上京。文部省博物局に田中芳男らを訪ねる。日光、箱根、伊吹山などで採集し、佐川に帰る。高知県西南部に1ヵ月採集旅行。足摺から柏島、沖の島にも採集。この頃、自由民権運動にたずさわる。
明治15(1882)
20歳
小野職愨、伊藤圭介に植物の質問状を出す。本格的に植物の研究を始める。
明治17(1884)
22歳
二度目の上京。東京大学理学部植物学教室へ出入りが許され、教授矢田部良吉と助教授松村任三を知る。この年より明治26年までの間、東京と郷里をたびたび往復し、土佐では採集と写生に励む。日本植物誌編纂の大志を抱く。
明治19(1886)
24歳
上京しコレラを避け箱根に滞在。
芦ノ湖の水草を研究。 石版技術を習う。
明治20(1887)
25歳
市川延次郎、染谷徳五郎と「植物学雑誌」創刊。巻頭論文に「日本産ひるむしろ属」掲載される。
祖母浪子病死。 ロシアのマキシモヴィッチに標本を送る。
明治21(1888)
26歳
この年、壽衛と東京根岸に所帯を持つ。
「日本植物志図篇」刊行を始める。
明治22(1889)
27歳
「植物学雑誌」第3巻第23号に大久保三郎と日本で初めて新種ヤマトグサに学名を付ける。
佐川理学会発足。 横倉山でコオロギラン発見。マキシモヴィッチに標本を送る。
明治23(1890)
28歳
東京府小岩村でムジナモ発見(5月)。
矢田部教授より植物学教室出入りを禁止され、ロシアのマキシモヴィッチの元に赴こうとするが、翌年マキシモヴィッチの死去により断念。
明治24(1891)
29歳
実家の家財整理をするため帰郷。高知県下の採集を行う。
「日本植物志図篇」第1巻第11集で中断。
明治26(1893)
31歳
帝国大学理科大学助手となる(9月)。
月俸15円。
明治29(1896)
34歳
台湾に植物採集のため出張する。
明治32(1899)
37歳
「新撰日本植物図説」刊行を始める。
明治33(1900)
38歳
農事試験場嘱託となる。パリ万博に竹の標本を出品。
「大日本植物志」第1巻第1集発行。
明治34(1901)
39歳
「日本植物考察(英文)」を植物学雑誌に連載開始。
「日本禾本莎草植物図譜」刊行始める。「日本羊歯植物図譜」刊行始める。
明治35(1902)
40歳
ソメイヨシノの苗木を郷里佐川と高知市五台山に送る。
「大日本植物志」第1巻第2集発行。
明治38(1905)
43歳
経済困窮、米カーネギー財団へ補助金を要請する。
明治39(1906)
44歳
この年から明治44年まで、毎年九州各地で夏期植物講習会に参加。
「日本高山植物図譜」(三好学と共著)刊。「大日本植物志」第1巻第3集発行。
明治40(1907)
45歳
東京帝室博物館天産課嘱託となる。
「増訂草木図説」1輯刊。
明治42(1909)
47歳
横浜植物会創立、指導に当たる。
新種のヤッコソウを発表。
明治43(1910)
48歳
東京帝国大学理科大学を休職となる。
明治44(1911)
49歳
千葉県立園芸専門学校嘱託となる。
東京植物同好会創立、会長となる。
明治45(1912)
50歳
東京帝国大学理科大学講師となる。
「大日本植物志」第1巻第4集発行。
大正2(1913)
51歳
来日したドイツの植物学者エングラーと日光採集(7月)。
高知帰省(8月)。
大正3(1914)
52歳
この頃、経済極度に困難。
「東京帝室博物館乾腊標本目録」刊。
大正5(1916)
54歳
東京朝日新聞に窮状の記事出る。神戸の素封家池長孟が援助を申し出る。
「植物研究雑誌」を創刊。
大正11(1922)
60歳
成蹊高等女学校の校長中村春二と知り合い、支援を受ける。
大正13(1924)
62歳
伊勢神宮調査。
大正14(1925)
63歳
「日本植物総覧」(根本莞爾と共著)刊。「日本植物図鑑」刊。
大正15(1926)
64歳
東京府北豊島郡大泉村(現在の練馬区東大泉)に居を構える。
昭和2(1927)
65歳
理学博士の学位を受ける。マキシモヴィッチ生誕百年祭に出席のため札幌に赴く。 帰途、仙台で新種のササを発見。
昭和3(1928)
66歳
妻、壽衛死去(54歳)。
新種のササにスエコザサと命名。
昭和4(1929)
67歳
「頭註国訳本草綱目」刊行開始、植物の考訂をする。
昭和7(1932)
70歳
広島文理科大学非常勤講師として学生を指導。「原色野外植物図譜」刊。
昭和8(1933)
71歳
「植物研究雑誌」主筆を退く。
昭和9(1934)
72歳
高知帰郷(8月)。
「牧野植物学全集」刊行始まる。
昭和10(1935)
73歳
岡山、広島、鳥取、三県植物採集会を指導。「趣味の植物採集」刊。
昭和11(1936)
74歳
高知帰郷(4月)。
「牧野植物学全集」全六巻 附録1巻を完成。
昭和12(1937)
75歳
「牧野植物学全集」の出版により朝日文化賞受賞。
昭和13(1938)
76歳
高知帰郷(12月)。
「趣味の草木志」刊。
昭和14(1939)
77歳
東京帝国大学へ辞表を提出、講師辞任。
昭和15(1940)
78歳
大分県犬ヶ嶽で採集中に転落事故(11月)。年末まで別府で静養。
「牧野日本植物図鑑」、「雑草三百種」刊。
昭和16(1941)
79歳
旧満州(現在の中国東北部)へサクラ調査に赴く。池長孟より標本が返還される(8月)。
安達潮花より標品館の寄付を受ける。
昭和18(1943)
81歳
「植物記」刊。
昭和19(1944)
82歳
「続植物記」刊。
昭和20(1945)
83歳
空爆により標品館の一部に被弾。
山梨県巨摩郡穂坂村に疎開。帰京(10月)。
昭和21(1946)
84歳
個人誌「牧野植物混混録」第1号刊。
昭和22(1947)
85歳
「牧野植物随筆」刊。
昭和23(1948)
86歳
皇居に参内、昭和天皇に植物学御進講。
「趣味の植物誌」、「続牧野植物随筆」刊。
昭和24(1949)
87歳
大腸カタルで危篤となるが奇跡的に回復。
昭和25(1950)
88歳
日本学士院会員となる。
「図説普通植物検索表」刊。
昭和26(1951)
89歳
文部省に牧野博士標本保存委員会設置される。標本整理始まる。
第1回文化功労者となる。
昭和27(1952)
90歳
佐川の生家跡に「誕生の地」の記念碑建つ。
昭和28(1953)
91歳
東京都名誉都民となる。
「随筆植物一日一題」刊。
昭和29(1954)
92歳
風邪をこじらせ肺炎となり病臥する。
昭和30(1955)
93歳
東京植物同好会が牧野植物同好会として再開。
この年、ずっと病臥。上村登「牧野富太郎伝」刊。
昭和31(1956)
94歳
高知県高知市五台山に牧野植物園設立決定。佐川町名誉町民となる。病状悪化、危機を脱するも、11月、再び重体となる。昭和天皇よりお見舞いのアイスクリームが届く。
「植物学九十年」、「牧野富太郎自叙伝」刊。
昭和32(1957)
94歳
家族に見守られ永眠。
没後、文化勲章を授与される。東京都谷中の天王寺墓地に葬られる。故郷佐川町に分骨。
昭和33(1958)
没後1年   高知県立牧野植物園開園。
東京都立大学理学部牧野標本館開館。
練馬区牧野記念庭園開園。
平成19(2007) 没後50年
平成24(2012) 生誕150年
 
 
 
 
昭和11年9月6日 清水峠
昭和12年7月4日
 
昭和12年3月28日 網代
昭和14年9月8日 牧野邸
昭和16年7月6日 登戸
 
 
 
 
 
牧野富太郎 年譜のPDFこちら PDF形式/1.3MB (PDF形式/1.2MB)
 
業績 業績